節約の仕方

エコライフを実現する上で必要な節約の仕方を紹介します。今回は食品という毎日の生活に欠かせない費用をどうやって下げるか検証します。最近は消費税の増税や価格の値上げによって家計は厳しいところが多いと思います。無理せず出来る範囲で節約してみませんか?

まずは煮物の火ですが、かけすぎず沸騰して味見したら火を消しましょう。新聞紙とタオルを巻くことで余熱で調理が可能です。ガス代がぐっと安くなります。そして次は乾物の戻し方です。これはボールに入れて水を治る人が多いでしょう。しかしキクラゲやしいたけは水を袋に入れて口をしばっておくことで、少量の水で戻すことができます。切り干し大根にも使えます。切り干し大根は大量に作るとおかずとして一品になったり、お弁当に便利です。

使いかけの食材や足の早い食材は冷凍庫にいれましょう。そうすることで長持ちします。傷みやすい野菜やまとめ買いのお肉も冷凍しましょう。特売の日に安く買って置いておくのがいいでしょう。卵も冷凍できますのでぜひ試してください。

たまにしか使わない調味料、パセリや七味ナツメグなどは100円ショップで購入しましょう。これらはちょっとほっておくと賞味期限が切れてしまします。安く買うことで無駄を防ぎましょう。

パン牛乳、そして納豆は閉店前のスーパーで買うとお得です。値下がりしている可能性が高くなります。惣菜買う場合もこの方がお得です。スーパーでの買い物ですが食品を最後にしてください。そうすれば無駄な買い物が避けられます。メインの食材を決めてからがおすすめです。 食費は家計の中で大きなウエイトを占めます。ここをいかに削ることが出来るかで、節約が変わってきます。無駄な買い物は極力控えましょう。野菜などを痛みで捨ててしまうのはもったいないことです。