もたない暮らし

日本は、物質的に満たされた国です。しかし、心はどうかというと幸福度が必ずしも高いとは限りません。自殺率の高さや引きこもり、ニートの多さなども社会的な問題です。このような日本でどういう生活を送ることが本当に幸せなのかもう一度考え直してみましょう。

今、日本ではもたない暮らしが注目を集めています。この暮らしは一体どういうものなのでしょうか?

忙しい現代の日本人は、何でも買うことで間に合わせていませんか?24時間営業のコンビニやスーパーで、いつでも食品を手軽に買うことができます。また、洋服や家電などは欲しいと思った時にインターネットで注文することができる時代です。お金さえあればいつでも買えてしまうのです。

このような恵まれた生活を送っていながらも、どこか幸せを感じることができない人にオススメなのがもたない暮らしです。すぐ捨ててしまったり、買っても使わなかった食品や服はありませんか?こうした生活はどこか気持ちに余裕がなくなり、ストレスの多い生活をしている人の傾向です。ゆっくりじかんをかけてモノを選び、買ったものはじっくり使い込む。また既に持っているものを見直すことでむやみにものを買わないこともたいせつです。

買うなら長く使えるものを、そして買ったら使い切る習慣を身につけましょう。そうすることで心の安定にもつながるでしょう。たとえば、野菜を買う時はスーパーに行っている人が多いでしょう。しかし目的以外の余計なものを買ってしまうことがあります。八百屋さんがあるならそっちに行きましょう。

また安いからといって買わないこともたいせつです。本当に今の自分にとって必要なものなのか、洋服を買うときなどは今まで持っている服をもう一度見直してから買いましょう。

必要なものだけを必要な分買うという暮らしをはじめてみませんか?今まで見えなかったことがみえてくるはずです。お金をかけず精神的な豊かさを目指しましょう。