エコな暮らし方

エコライフとはどういったことをすればいいのでしょうか。今日からでもできる節約術を具体例で紹介したいと思います。まずは光熱費から見ていきましょう。

光熱費を抑えるための工夫はまず、冷蔵庫からです。冷蔵庫は隙間を開けられるくらいの量に抑えておきましょう。買い物や作る量を調節してください。隙間がないと風が通らず冷えにくくなります。反対に冷凍庫は隙間なくいっぱい詰めて大丈夫です。冷凍庫はそうすることで電気代が節約できます。

次は洗濯機です。こちらは家族の人数にあわせて満杯になってから回しましょう。すかすかで回すのは水、洗剤、電気と全てがもったいない状態です。水に濡れると容量が減るので思っている以上に入ります。また設定はおまかせが一番節水になります。買い換える場合は水の量が少なくて済むドラム式洗濯機をおすすめします。

そしてお風呂ですがこちらは浴槽にお湯をはる場合で冷めてしまったら、当日は追い焚き機能を使ってください。まだ温かければこの機能をつかって結構です。しかし翌日は入れ替えましょう。冷えてしまった水をお湯にする追い焚きは非常にガス代がかかります。それならお湯をもう一度入れ替える方がエコです。

最後は、よく使う時間帯が安くなる電力プランもあるので見直しをしてみましょう。東京電力では、朝トクプランは深夜1時から朝9時までが料金半額になります。ほかの時間帯は割高になりますが、共働きであまり家にいない人は夜や朝まとめて家事するならこの方がお得です。プランをチェックしてみてください。またアンペアを落とすことで節約になりますので使用電力が低い人は検討してみましょう。そして太陽光発電が設置 出来る場合は自ら、電力をつくって賄い、さらに販売することもできます。

こういった工夫で光熱費はかなり安くなります。無駄な電気は使わないといった日々の心がけがエコライフにつながります。限りある資源は有効に使いましょう。